結婚指輪を手作りしてみたい | 結婚指輪を手作りしたいと思ったら

結婚指輪を手作りしてみたい


思い出に残る結婚指輪を手に入れるため、最近ではすでに完成している手作り結婚指輪よりも、これから手作りしていくタイプの指輪を選ぶ方も多いです。
しかしこれから指輪を作りたいとき、どうすればこの指輪がうまく手に入るのでしょうか?
まずおすすめなのは、このような手作りの結婚指輪が手に入るショップを利用すること。
これでいい指輪が簡単に手に入ります。

▼目次

手作りサービスをやっている工房が人気

そのショップとはどんなショップになるのかというと、専門の手作りサービスをやっている工房などになります。
よく結婚指輪を売っているブライダルショップなどは、職人が手作りした結婚指輪が手に入るショップになるのですが、こちらではすでに完成品を売っているケースも多く、これから手作りされる指輪が手に入るとは限りません。
これから手作りしていく指輪が欲しいなら、そのようなサービスをやっている工房など専門のショップを利用するのがおすすめです。
そちらを利用すれば、まだ指輪はまったく作られていません。
利用者がそちらを利用して初めて作られていきますから、希望通りの結婚指輪を手に入れられますよ。

こちらを利用したとき、誰がその結婚指輪を手作りするのかというと、利用者や職人となります。
利用者が実際に指輪作りを体験できる工房もありますし、実際の制作作業は職人にすべてお任せすることも可能です。
どちらにしてもこれから手作りされた結婚指輪が手に入りますが、自分で作業がしたい、職人にお願いしたいなど、明確な希望があるときは、その工房の作業がどうなるのか、事前によく確認して利用するといいでしょう。
両方に対応できる工房を使うと、その場で好きな方を選べますから、迷っているときは両方に対応できる工房を選ぶといいです。

手作り工房でも品質の高い指輪が手に入る

自分で結婚指輪を手作りしたいとき、このようなショップのことを知っていれば、希望する指輪をきちんと手に入れられます。
ただ、こちらで手に入るその結婚指輪は、どのような指輪になるのでしょうか?
ブライダルショップで売られている職人の完全手作り品なら、品質はかなり安心ですよね。
しかしこれら手作り工房で作った結婚指輪、それも自分で作業の一部を行ったときなど、お店で売っているようなきれいな指輪になるのでしょうか?

これは問題なく、非常にきれいな指輪になることが多いです。
それはたとえ自分で手作りした結婚指輪でも変わりません。
まず形に歪みなどがありません。
自分で手作りした指輪など、きれいな形にできるか不安があると思いますが、よくショップで売られている指輪のように、きれいな円形の指輪にできます。

リングの厚みや幅にムラや違いなども出ません。
特定の箇所だけ幅や厚みが変わることもなく、均等な厚み、幅の指輪になっています。
仕上がった指輪に傷や欠けなどもありません。
そして新品の指輪だとわかるくらい、ピカピカでツヤツヤの見た目をしています。
たとえ自分で手作りする方法を選んだとしても、手に入る結婚指輪はこのようなものですから、見た目でも十分に満足できる指輪が手に入ります。

おすすめの手作りの結婚指輪

工房のHPをチェック

本当にそのような物が手に入るのか、不安な方は実際に利用するつもりの工房などのHPをチェックしてみるといいです。
そちらでは、過去に利用者が手作りした指輪を紹介していることも多いのですが、それらを見ると、非常にきれいな指輪が作れていることがよくわかるでしょう。
すべて職人が作った指輪とそこまで大きく違って見えるものではありませんから、安心して利用してください。

なお、このような高品質な結婚指輪を自力でも手作りできるのは、もちろん工房側のサポートがあるためです。
そのため、自分で手作りする方法を選んだとしても、形に歪みなどのない、非常にきれいな指輪を手作りできます。
また、完成品の見た目を左右する仕上げ作業は、利用者ではなく工房の職人が担当することも多いです。
これのおかげでも、完成した手作りの結婚指輪の品質が高くなり、市販品に劣らないいい出来となるわけです。

このように工房などの専門のショップを使い、仮に自分で手作りするという方法を選んでも、手に入る指輪は非常にきれいなものですから、もし自分で作る方法に興味があれば、そちらも含めて考えてみるといいでしょう。
なお、職人へのオーダーができる工房で、そちらの方法を選んだ場合、注文後に行われる制作作業はすべて職人が担当しますから、お店で売っている完成品とほぼ変わらない、非常に高品質な指輪が手に入ります。

このように工房などの専門のショップを使えば、これから用意する結婚指輪を手作りしていけます。
これから作られていく指輪となりますから、デザインに制限はありません。
指輪としての使用や制作が難しいものでなければ、本当に自由に指輪の制作を行えます。
素材についても、そのショップが用意している素材の中で、好きなものを選べます。
このような自由度の高さも、これから手作りする結婚指輪の魅力ですね。
このような指輪を希望するときは、このような専門のショップを使ってみるといいでしょう。

東京で結婚指輪を手作りするなら

新着情報

グッチの結婚指輪

グッチの結婚指輪

グッチは有名なハイブランドの一つになり、バッグや財布、洋服、ジュエリー、時計など数々のアイテムを手掛けています。
結婚指輪も扱っているため、これから結婚指輪を購入したい方はこちらで探すのもいいでしょう。
アイテムはいくつかあるため、グッチの中でも好きなデザインを選べますが、このデザインの特徴として個性的な指輪が多いです。
全体的にシンプルな指輪が多いブランドなどもありますが、グッチの場合は個性的な指輪を求めている方にややおすすめのブランドですね。
グッチの結婚指輪 ≫ Click

結婚指輪購入口コミ「妻の大好きなブランドにしました」

1. 性別

男性

2. 購入時の年齢

20代

3. 現在、結婚何年目ですか?

3年目

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

198000円

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

特に指輪自体に対するこれと言ったポイントがなく、私の嫁が「サマンサタバサ」と言うブランドがとても好きだったので、その姉妹ブランドである「サマンサティアラ」の指輪を欲しいと言っていました。

サマンサティアラで指輪を探したところ、割とリーズナブルでかわいい指輪がたくさん揃っており、自分の予算面から考えても、また嫁と一緒に指輪を買いに行きましたので、嫁の好きなデザインを選んでもらいながら指輪を購入することにしました。

結婚指輪購入口コミ「妻の大好きなブランドにしました」 ≫ Click

結婚指輪購入口コミ「デザインと予算で悩みました」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

20代

3. 現在、結婚何年目ですか?

結婚3年目

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください。(お二人それぞれの価格)

夫婦それぞれ12万ほどです。

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください。(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

決めた予算に合致するものの中で、最終的には、付けてみた時に最も似合うと感じたものに決めました。

特に、夫は普段アクセサリーを付けない人だったので、夫に似合うかどうかや着け心地が悪くないかどうかを重視しました。

決めるまでにはいくつかのブランドを見て回りました。好みの特定のブランドはありましたが、そこだけではなく、同じような価格帯のブランドを見て回りました。

結局は好みのブランドに決めましたが、1つだけではなく、いくつかのブランドを回ったことでより納得のいく決定をすることができました。

結婚指輪購入口コミ「デザインと予算で悩みました」 ≫ Click

結婚指輪購入口コミ「デザインはシンプルだけど細すぎないものにしました」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

20代

3. 現在、結婚何年目ですか?

結婚9年目

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください。(お二人それぞれの価格)

10万円

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください。(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

デザインはシンプルだけど、細すぎない指輪にこだわりました。

三本線で真ん中のラインはプラチナピンクで妻のほうにはダイアモンドが埋め込まれています。

予算は結婚指輪は普段使いするものだからそんなに高級なものではないと聞いていたので安めの指輪を選びました。

ブランドにこだわりはなかったので店員さんにまず好みの指輪を伝えておすすめの指輪を何点か出していただき決めました。

一番いいなと思ったポイントは指輪のサイズを二回まで無料に変更していただけるというサービスがあったので即決しました。

6. その結婚指輪に決めて良かった点はありますか?

存在感がありすぎるわけでもなく、なさすぎるわけでもなく、ちょうどいいバランスの結婚指輪で気に入っています。

最初は太すぎるかなーと思っていたのですが普段ずっとつけていると慣れてきてこのくらいの太さでちょうどいいと思いました。

イニシャルと結婚記念日を刻んでくれてるので、忘れたときに見れるので便利です。

7. 結婚指輪を選ぶ際、悩んだ点はありますか?

旦那と私の好みが全く違うのでどちらかが妥協するしかなかったです。

ダイアモンドが私のほうだけしかついてないのも嫌でした。

三本線の指輪の真ん中の線はプラチナピンクにしたのですが、いろいろな色があり悩みました。

ピンクとブルーで悩んだのですが、ピンクにきめました。

8. その結婚指輪に対して、周りからの反応はいかがでしたか?

周りからの反応は「かわいいねー」がほとんどでした。

最初のころは婚約指輪をつけていたのですが、婚約指輪のほうがインパクトがあるみたいで周りからの反応は多かったような気がします。

私のほうにはダイアモンドがついているので、そこを見てくれる人もいました。

特にプラチナピンクの評判がよくて「ピンクかわいいね」という声が一番多かったです。

あとはシンプルなデザインの指輪なのでコメントされることもあんまりなかったです。

9. 結婚指輪の購入を検討している方へアドバイスをお願いいたします。

結婚指輪はずっとつけているという前提でどういうデザインを選ぶのかを考えたほうがいいと思います。

あんまりド派手なのをつけるとのちのち恥ずかしい思いをすると思います。

一生つけていられる指輪ということを頭において選んだら間違いないと思います。

あとは、二人で選ぶものなので事前にどういうものにするのかしっかり話し合ってからお店に行ったほうが絶対にいいと思います。

お店でもめると全然決まらないことになるので、二人でブランドやデザインをある程度決めておいて店員さんに相談するというのが一番いいと思います。

指輪をペンダントに

婚約指輪ってどんな意味があるの?

ブライダルリングには婚約指輪と結婚指輪の2種類があって、それぞれ重要な意味合いを持つアイテムですが特徴はやや異なります。
同じブライダルリングということでよく混同されてしまう部分もありますが、この点の認識を間違えないためにもまずは特徴の違いをしっかり把握しておきましょう。
婚約指輪は一般的に男性側から女性側へプレゼントされることが多く、プロポーズと同時に渡されます。
つまり結婚の申し込みをするときにプレゼントする指輪で、それを女性側が受け取ったら結婚の約束が成立するというのが特徴です。
婚約指輪は給料3か月分のものをプレゼントする…というようなことも言われますが、これは宣伝文句であり必ずそうしなければいけないわけではありません。
指輪をペンダントに ≫ Click